【肩こり解消】プロスポーツ選手も愛用する“DoctorAir3Dマッサージロール“を3年間使っている理由。

ライフスタイル

テレワークまたは、コロナも少し落ち着きデスクワークが増えている方も多いのではないでしょうか?
私も本業は月2出社でほぼテレワーク。終日デスクワークなので、肩こりや眼精疲労を感じる今日この頃…

Kohey
Kohey

今日はそんな“肩こり“や“姿勢の乱れ“を驚くほど改善する、Doctor Air社の3Dマッサージロールをご紹介。3年ほど使用をしていますが、その購入満足度はお値段以上どころか、日々の過ごしやすさ根本を変えてくれます。

本日のテーマ

Doctor Air社のマッサージロールは、どんな人におすすめか?また、使い方や身体の改善状況を皆さんにシェア。

Doctor Air社とは?

①簡易電気マッサージ器具市場のシェア1位(63%)

②上原浩治選手(巨人)や、武尊選手などのプロスポーツ選手も愛用する品質(ちなみにボディビルダーもよく使ってます。例:サイヤマンさん)

③3分間で最大10,000回の高速振動で、全身の筋肉を芯からほぐす。

3Dマッサージロールはどんな人に、なぜお勧めなのか?

これはずばり姿勢の悩みを抱える人がまずは挙げられます。そして、筋肉を大きくしたい人(私です。)も、当然身体を適切に回復させるために、必須のアイテムとなります。

Kohey
Kohey

身体の凝りの原因となる筋膜を適切にリリース(緩める)ことができれば、姿勢の悩みはもちろん、筋肉を大きくすることにもかなりプラスとなります。
ボディビル世界チャンピオンの鈴木選手も、毎日筋膜のケアをトレーニング前に行なっているようです。

筋膜リリースに関して詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご参考ください⬇️

【全身が10分でスッキリ!?】筋膜リリースで身体の機能改善、疲労回復!
こんにちわ!今日の記事は、身体の機能改善(姿勢調整、肩こり、怪我予防)のため、私が行なっている筋膜リリースについて情報をシェア出来ればと思います。姿勢や肩こりに悩んでいる方はもちろん、更に身体の機能を高めて運動のパフォーマンスをアッ...

使用方法に関して

DOCTOR AIR公式HPより

写真にあるように、基本的には緩めたい部位の下におき、振動のスイッチをオンにするだけ!振動が筋肉を凝りをほぐし、筋膜リリースだけでなく、血流の改善や、筋肉の緊張の緩和を促します。

私が特にお勧めしたいのが、写真右、真ん中の背中のマッサージと、次の画像のふくらはぎのマッサージ⬇️

日々の疲れが最も溜まりやすいといわるふくらはぎ。1日中たっていることが多いと、血流の流れが悪くなり全身の浮腫の原因に!ポンプ作用を促すためにも積極的にやっていきましょう!

3年間使用した感想とレビュー

私の長年の悩みは首痛。
原因はいろいろありますが、2つ決定的だったのが、①広背筋と僧帽筋の緊張(凝り)、②肩甲骨の柔軟性の低さ

Doctor Air社の3Dマッサージロールを使用することで、

①の筋肉の緊張が和らぎ、首の痛みはほとんどなくなりました。以前までのリュックを背負ってるかのようなだるさが消えました。

②肩甲骨の柔軟性も背中周りの筋肉が緩む➡️肩甲骨の動きの制限がなくなり、可動域向上。

首が痛いから、首をマッサージするは間違っていて、関連している筋肉をほぐすと効果は大きく変わってきます!みなさんもDoctor Air社の3Dマッサージロールを使って身体の悩みを改善。こちらから購入できます⬇️

コメント

タイトルとURLをコピーしました