【ヒッチハイク旅(東北・北海道方面)】蓮田IC(埼玉)から函館(北海道)に行った話③

こんにちは。

今回も前回の記事に引き続きヒッチハイク旅行最終回ということでまとめてみました。

その①http://ko-fitblog.net/hitchhiker/

その②http://ko-fitblog.net/hitchhiking2/

前回までの記事は埼玉→青森までだったので、今回は青森→函館+函館観光編。

「青森から北海道までどうやってヒッチハイクで行くの?」という方もいらっしゃると思いますが、

とっておきの方法を皆さんにシェアしたいとい思います。

1.青森から北海道函館へ。驚きのヒッチハイク

当初予定をしていた本州最南端である青森県に無事到着した訳ですが、

ここまで来たら北海道まで行っちゃおうと勝手に盛りあがりました。

調べてみるとフェリーで函館に行けるとのこと。

現在の料金体系では、大人1人2260円、普通車16760円となってますが、当時は普通車14000円で乗車している全員の料金を集約できました。

そこで考えたのが、『フェリーを利用するドライバーに乗せてもらう』というアイデア

フェリー乗り場のある駐車場で待ち伏せて声をかけてみることに!

めちゃくちゃ図々しいですが、これが見事成功し函館までヒッチハイクで行くことができました。

f:id:ko_fit:20191221111348j:image

(朝8時の函館の街並み)

2.函館到着、市内観光

ここからはダイジェストで函館で観光をした場所をご紹介していきます。

f:id:ko_fit:20191221111913j:image

立待岬

f:id:ko_fit:20191221112013j:image

函館の主要都市からバスで10分くらい。

アクセスもよく、大自然の広がりのような美しさを感じることができます。

②ラッキーピエロ

f:id:ko_fit:20191221112140j:image
f:id:ko_fit:20191221115422j:image

北海道といえばお馴染みのハンバーガーチェーン店。

照り焼き風味が香る美味しいハンバーガー🍔

ここでしか食べられないという点と、値段も200円くらいでリーズナブルです。

③函館山

f:id:ko_fit:20191221112338j:image

1番のおすすめスポットです。

函館の夜景を一望!

ミシュランガイドブックに三つ星として掲載

アクセスはしないからバスで片道400円で行くことができます。

ロープウェイを使う方は片道1000円、往復1500円

④その他函館の観光地

f:id:ko_fit:20191221113333j:image

⬆️八幡坂
f:id:ko_fit:20191221113338j:imagef:id:ko_fit:20191221113343j:image
f:id:ko_fit:20191221113340j:image

⬆️函館の夜の街

たまたま飲み屋で隣だった人が大学の先輩でした。

意気投合してスナックで2万くらいご馳走してくださいました。出逢いに感謝!

3.今回の日本横断ヒッチハイク総括

東京から北海道までヒッチハイクして感じたこと…

日本人の優しさです。

お金が無くても、接点が無くても私達は人との繋がりを持てば生きていけるんだなと再確認しました。

お金を貯金しようとか、高い服を買いたい、良いものを買ってオシャレしたい。

こういった感情さ至極あたり前のものですが、ヒッチハイクを経験してお金は人の為に使おうと考えるようになりました!

お金=信用と表現されることがありますが、私もその意見に賛成で人とのつながりにお金を使えば、それは他者との信用が深まるといった意味で大きなリターンがある。

ヒッチハイクでたくさんの人に優しくして頂いたからこそ、自分も誰かのために良いことをしたいと考えられるようになりました!

以上で今回のヒッチハイク旅(東北・北海道編)は終了になります。

また別の機会で、経験したヒッチハイクのこと、また面白い旅などシェア出来ればと思います!

それではまた👋

コメント