【バルク期にプチ減量(山本義則式)】プチ減量結果報告マイナス3キロ減!

筋トレ

こんにちは。

今回のタイトルにもある通り、バルクアップのためにプチ減量というものを行ないました!

(太り過ぎたから痩せたかった。笑)

最初に結果だけ発表すると1ヶ月で体重マイナス3キロ。

11月中旬に始めた減量ですが、体重の減少の他に見た目の変化や使用重量な筋トレメニューの紹介。

そして皆さんが1番気になるである、「やって効果どんだけあるの?」といった話をさせて頂こうと思います。

前回の経過報告をご覧になってない方はこちらも是非!

part①http://ko-fitblog.net/leanbulkupcycle/

part②http://ko-fitblog.net/amagingdietway/

1.プチ減量結果報告

今回の最終体重としては、68.3キロでその状態がこちら⬇️

f:id:ko_fit:20191222212307j:image

なかなか悪くない🙄(ちょっとお酒を飲んだあとなので若干赤い。)

スタート時(71.5キロ)の時の状態がこちら⬇️

f:id:ko_fit:20191222212453j:image

3キロ減にしてはだいぶ全体的にスッキリしたので成功といえるかと思います!

2.食事、筋トレの注意した点

まずは食事に関して!

食事は減量をスタートした時に設定した2400kcalから一切変えておりません!

後半に若干変えたのが、筋量を増やせるようトレーニングをする午前中により集中して炭水化物をとり、18:00以降はなるべく取らないように意識はしてました!(夜の作業に影響がある場合は気にせず、おにぎり1個くらい食べてました。)

特に今回重点を置いたのが、ストレスをかけすぎないこと!

どうしても食べたくなったら食べるし、生活に支障が出るなら無理をしない。

自分の体調を保ち、且つ一日中エネルギーに溢れた状態で動けるようしっかり食べハードに動く。

こうすることで、自律神経が正常に働きスムーズな脂肪の減量に繋がりました。

筋トレは、①中重量、②高重量、③ハイレップ の3フェーズに分けるマンデルブロトレーニングを実施。

①中重量の日は6〜10回目安の普通のトレーニング

②高重量の日は、重さを扱いながらもコントロール(骨盤、呼吸、重心が意識できる最大重量)

③20レップで行い、前回扱った重量を次のトレーニングで超えられるよう意識!

          ⬇️

それぞれのフェーズにテーマを持って取り組めたので悪い意味での適当さとか、トレーニングのばらつきが無くなった!

f:id:ko_fit:20191222215725p:image

3.実感した効果。今後のバルクアップに向けて

今後のバルクアップに関しては、アイアンマンなどの書籍を読みながら自分の中で「これで行こう」と確信が持てるものを採用するつもりです。(まだ勉強段階)

とりあえずは今回行って感触の良かった体重が10%増えたら、5%減量するというプチ増減は取り入れていこうと思います!

プチ減量の実感した効果をまとめると、

  • 食生活が整い、肌や筋肉はもちろん、生活自体もクオリティが上がる
  • 目標数値が実現しやすいものなので頑張れる
  • テスト減量といった形でいろいろ実感出来る

といったメリットがあります!

皆さんも是非オフシーズンのプチ減量試してみてください。

それではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました