【プロに学ぶ】日本3位の脚トレを受けました。加藤直之選手の脚パーソナル前編。

プロに学ぶ

こんにちは。
皆さんお待ちかね!人気企画【プロに学ぶ】シリーズです。

Kohey
Kohey

前回は、“腕トレ“を習ってきましたが、今回は最もきつい“脚トレ“を教えていただくことに!リアルに吐いてしまうほどキツかったですが、トレーニングの意識・追い込み方は、一生役に立つと思えるほど今回も濃い1時間でした。

本日のテーマ

トップボディビルダーの脚のトレーニングを体感できます。この記事を読めば、加藤選手が意識していることから、限界の超え方までわかります。

加藤直之選手について

加藤直之選手について

日本トップボディビルダーの1人。ゴールドジムのアドバンストレーナーの1人。
加藤選手のトレーニングの代名詞を言えば、BIG3を中心に行う基本に忠実なトレーニング。

詳しく知りたいという方は、こちらの記事をチェック⬇️

【プロに学ぶ】加藤直之選手オフシーズン食事、筋トレスケジュール
2019年全日本ボディビル選手権第2位となった加藤選手。 この飛躍の裏には、毎日淡々と積み重ねてきた努力があった。 その秘密をこの記事で暴いていこう。

加藤選手の腕トレーニング

前回は、加藤選手の腕のトレーニングを受けました。
限界から「何回行くんだ」と筋肉へ強烈な追い込みをかける加藤選手のトレーニング。
腕を太くしたいという人は、必読すべき内容⬇️

【プロに学ぶ】加藤直之選手・腕のパーソナルトレーニング①二頭筋編(メニュー・ポイント)
先日全日本3位の加藤直之選手の腕のパーソナルトレーニングを受けてきました。「腕が太くならない」とお悩みのあなた。超高強度の日本3位の腕トレをマスターすれば、あなたの腕も劇的に進化。初めて腕トレで吐きそうになりました。(笑)
【プロに学ぶ】加藤直之選手腕のパーソナルトレーニング②(三頭筋編)
先日全日本3位の加藤直之選手の腕のパーソナルトレーニングを受けてきました。「腕が太くならない」とお悩みのあなた。超高強度の日本3位の腕トレをマスターすれば、あなたの腕も劇的に進化。初めて腕トレで吐きそうになりました。(笑)

脚のトレーニングに関して

加藤選手の普段の脚トレメニュー

Kohey
Kohey

脚トレはいつもどういったメニューでやられているんですか?
メニューやボリュームなど教えて頂きたいです!

加藤選手
加藤選手

とにかくシンプルなメニューです。
もも前を狙う日は、スクワットから始めて、レッグプレス、ハックスクワット、エクステンションという基本種目をこなします。

もも裏をターゲットにする時なんかは、デットリフト、ブルガリアンスクワット、カールをメインにやります。

Kohey
Kohey

ありがとうございます。私も基本種目をやりこむようにします。

加藤選手
加藤選手

トレーニングの動作中はシンプルに!難しく考えすぎない。スクワットなら、“まっすぐしゃがんで、まっすぐ立ち上がる“。これにつきます。

1種目目 スクワット

1種目目は、高重量を扱うことができるという理由からスクワット。ポイントはこんな感じ⬇️

スクワットのポイント
  • 意識しているのは、真下にしゃがんで真上に立ち上がること。
  • 重心は若干外側に置いたほうが、股関節が開いてしゃがみやすくなるので、股関節が硬い人はおすすめ
  • 重量は8レップを目安に組んでいる
  • インターバルは3分以上とって、可動域、レップはきっちりこなせるようにする

※ハイバー・ローバーは自分のやりやすい方を選択

何度もトレーニング中に言われたのが、「シンプルに考える」そして「逃げない」こと!潰れることを恐れていては、本当に追い込み切ることはできません!「逃げんな!」と自分に言い聞かせながら、追い込もう。

2種目目 レッグプレス

レッグプレスも目的は、“重い重量を扱って、身体に強い刺激を与えること“。ですが、フォームや、マシンの設定を誤ると、ベストなパフォーマンスを発揮できず、怪我のリスクだけが高まってしまいます。

ウォームアップの時に、次の点を意識し、本番の動作中は、シンプルに“押す“ことだけにフォーカス!

レッグプレスのポイント
  • 座る位置が重要。骨盤をしっかり立てて、お尻はパッドに押し付ける
  • シートの角度は100度くらいがおすすめ。身体も浮きにくい。
  • 足を置く位置は、足の真ん中に重心がくるように
  • つま先は気持ち外側に開く。股関節が開いて、深くプレートを降ろせる
  • 重心も気持ち、足の外側(真ん中より、やや小指側に置いたほうが、股関節の動きは滑らかに)
  • 視線はやや顎を引くと、重量を扱える。

ここまでのトレーニングで私はめちゃくちゃグロッキー(笑)合計で6セットやり込んだのですが、1セットに強い想いを込めて、6セットもやりきれたのは、初めての体験。
本当に地獄のようにきついトレーニングでしたが、自分の中のトレーニングの限界は間違いなく上がりました。

いかがだったでしょうか?
後半は、レッグカール、レッグエクステンション、ブルガリアンスクワットについて解説をしていきます!お楽しみに👋

コメント