【肋骨がでてる方必見】あなたのぽっこりお腹を治す意外な3つの方法

コンディショニング

こんにちは。
先日とある女性のお客様からこんなお悩みを話されていました。

Aさん
Aさん

肋骨が出て、お腹がぽっこりしちゃうのが悩みです…
でも原因がわからないんです、どうすればいいの?

Kohey
Kohey

肋骨が出る=開く原因は主に3つ。
①姿勢②筋肉のこわばり③呼吸
今日はそれぞれのアプローチをお伝えします。

本日のテーマ

肋骨が出ている方の3つの原因と、それぞれの解決方法をシェア。
今日からあなたの姿勢も身体の機能も驚くほど改善します!

肋骨が開くとどうなる?

肋骨が開く原因は以下の通りです↓

  • くびれが出来ない
  • ぽっこりお腹になる
  • 姿勢が悪くなる
  • 正しい動作をしても、思ったようにトレーニングの効果が出ない

こんな悩みを抱えている方は、肋骨に原因があるかもしれません。

肋骨が開く3つの原因

詳しく解説すると、なかなかマニアックな話になってしまうのでざっくり本日はご紹介します。(後日要望があれば詳しく書きます!)

姿勢の問題

Kohey
Kohey

姿勢が悪いと、「胸を張りましょう!」と言われますよね?
これは半分正しいですが、実は肋骨が開く原因になってるんです!

https://motoyashikiyuta.com/rib-body-make/

胸を張ると、肋骨が上の図のように後ろに倒れてしまいます。その結果肋骨が開き、ぽっこりお腹に見えてしまうんです…

ポイント

“胸を張る“(肩甲骨を寄せる)と“肋骨を閉じる“は相反する動作です。
このバランスが正しい姿勢・動作をする上で非常に大事。

筋肉のこわばり

肋骨の周りには、こんなに多くの筋肉があります。

Kohey
Kohey

「こんなに覚えられない…」とお嘆きの方へ。心配ご無用です。
要は、この肋骨周りをほぐす運動を日常に取り入れてあげればいいんです!

日常生活で足のストレッチや腹筋運動をする人は多いと思いますが、“肋骨周り‘しっかり動かせていますか?

筋肉は使わずに放置していくと、どんどん錆び付いて動かなくなってしまいます。機能を果たさなくなる前に、しっかりケアをしてあげましょう!

呼吸(横隔膜の動き)

肋骨の周りを覆っているのは、“横隔膜“という筋肉になります。

横隔膜の働き

呼吸時に吸い上げる力として働く。また、力を入れることで、下部肋骨を固定することができる。

つまり、横隔膜の使い方=呼吸をマスターすれば、肋骨が開くのを抑えることができるのです。

肋骨の開きを抑える3つのアプローチ

正しい姿勢を作る

肋骨を正しい位置にすることを語り出したら、おそらくキリがないので、本日は肋骨と関係の深い“肩甲骨“とお腹周りのエクササイズをご紹介。

Kohey
Kohey

身体に関するあらゆる悩みのプロであり、日本一のボディビルダー&ジャイアンツのコーチである『鈴木雅』選手に教えてもらった、“キャッツ&ドッグ“がめちゃくちゃおすすめです!

キャッツ&ドッグ

①手を肩の真下&膝は股関節の真下に置いた四つん這い姿勢
②息を吐きながら、おへそと背中がくっつくようなイメージで体を丸める
③息を吸いながら、おへそを床に近づるイメージで膨らませる。

この時のポイントは、息を吐く時に、下の肋骨から閉じるイメージを持つこと!
少し難しいと感じる時は、息を吐いてお腹を丸めることを意識すればOKです。

肋骨周りをほぐす

肋骨を周りをさすってあげたり、脇腹のエクササイズなどを行い、適度な刺激を送るだけでも、かなり機能改善につながります!

“ユウトレさん“という方のYouTubeが参考になるので、ぜひチェックしてみてください🙌

肋骨締めるアンダーバスト痩せ!立ったままアンダーバストを細く引き締めましょう。くびれを作る簡単エクササイズです。バストアップ効果も!

呼吸(横隔膜の動き)

Kohey
Kohey

呼吸とか、横隔膜とかなんか難しそうだなと思いますが、
要は腹式呼吸の練習をやってみようってことです!

腹式呼吸のやり方

①仰向けになり、胸とおなかに手をおく。膝を立てると横隔膜が動きやすい
②おなかを凹ませながら息を吐く。
口を大きく開け「ハー」と息を吐き、続いて口をつぼめ「フッフッフッ」と息を吐き、最後に「フー」と肺の中の空気を出し切ります。(6秒くらい)
③おなかを膨らませながら鼻から息を吸う。
鼻から3秒ぐらいでゆっくり息を吸い込み、おなかが膨らむのを手で確認します。

【リハビリ自主トレ】腹式呼吸の基本と効果を高める方法

まとめ

肋骨が出てしまう原因は次の3つ。

  • 姿勢の乱れ(胸を張りすぎ、骨盤の歪み等)
  • 肋骨周りの筋肉の不調和
  • 呼吸の技術

それぞれの原因に対して、①姿勢を良くするキャット&ドッグや、②脇腹周りのエクササイズ、③腹式呼吸をご紹介いたしました!
ぜひ皆さんも実践してみてください👋

コメント