【セブ島留学】筋トレマニアのセブ島短期留学(1ヶ月 )体験記(筋トレ、旅、生活面)②

こんにちは。

前回の記事に引き続き、セブ島留学体験記ということで今回はセブ島の語学学校での生活面についてお話ししていきたいと思います!

私自信留学をする際に語学の上達と同じくらい危惧していたことがあります。

それは留学中に筋トレは出来るのか?

今回の記事では、私のセブ島留学中の生活面を切り取ってお話しできればと思います。

留学を検討中の方はもちろん、筋トレ好きでセブ島旅行を検討している方まで、

何かご参考になれば幸いです。

f:id:ko_fit:20200105155326j:image

前回の記事はこちら⬇️

1.留学中の筋トレ(ジム設備、周辺情報)

私が滞在していた3Dアカデミーは、JYスクエアというショッピングモールが隣接していました。

その中に“パッキャオジム”というジムがあります。

なんとあの最強ボクサーである『パッキャオ』の親戚が経営しているジムだそうです。

世間って意外と狭いですね。(笑)

f:id:ko_fit:20200105160332j:image
f:id:ko_fit:20200105160337j:image

ベンチプレス台、スミスマシン、アジャスタブルベンチなどフリーウェイトは一式揃っています。

ダンベルは25キロくらまでしかありませんが、限られた環境でやることで

新たな刺激や発見が得られます。

その他、ペックフライマシン、レッグカール、エクステンション、アームカール、クランチなど

1部位につき1マシンという感じ!

朝の6時から夜は21時くらいまで空いているので、わりと生活ルーティンに組み込みやすいのでは?

その他、私はエニタイムフィットネスの会員だったので学校から徒歩20分にあるITパーク近辺の

同ジムを利用していました。

設備は文句なしの充実度。

スタジオもあり、連日賑わっていました。

2.留学中の土日の過ごし方

土日は基本的に終日フリーなので、必ず外出をする様にしていました。

簡単にですが学校からのアクセスとともに、訪れた場所を振り返っていきましょう!

①モアルボアルビーチ

f:id:ko_fit:20200105161629j:image

学校から車で4時間程度。海の透明度はもちろん、イワシの大群は絶景。

また、砂浜が白いため地元の人からは“ホワイトビーチ”として有名。

②カワサンフォール

f:id:ko_fit:20200105161807j:image

こちらも学校から約4時間。

おそらくセブの観光地で検索をするとトップに出てくる。

滝から飛び込むアクティビティなどありますが、かなりアクセスは悪いので、

①のホワイトビーチとセットで行くのをお勧めします!

③ボホール島

f:id:ko_fit:20200105162017j:image
f:id:ko_fit:20200105162013j:image

セブの港から約2時間。

筆者がセブ島で1番オススメしたい場所

とにかく自然が豊かで、写真にある『ジップライン』というアクティビティでは、

ボホールの絶景を鳥になった気分で味わうことが出来ます。

といった形で旅行に行ったり、その他友達と地元のバーでネイティブチャレンジをしたりしていました。

3.留学中に注意すべきこと

はっきり言わせてもらうと、「〜し過ぎないこと!」

  • 遊び過ぎない
  • 自習ばかりで学校に篭り過ぎない
  • 寝過ぎない

短期留学は時間との勝負です。

何か1つばかりに没頭していては勿体無い!

今一度振り返って思うのは、日中は学校で基礎的な勉強、夜は地元の店に訪れて現地の人と話すなどアクティブに

動く方が充実度はもちろん、英語の熟練度も上がります。

海外で生活することは、何よりも「現地で英語に慣れ自信をつける」ことが最も大切です。

頭でっかちにならずに、自分の語学にプラスになりそうなことはドンドン飛び込んでみてください。

如何だったでしょうか?

皆さんもぜひセブ島留学に行ってみては?

それではまた👋

コメント