【プロに学ぶ】日本チャンピオン横川直隆トレーニングメニュー、減量

プロに学ぶ

こんにちは。

【プロに学ぶ】シリーズ第3段。前回の加藤選手の記事がこちら⬇️

今回は皆さんお待ちかねの新日本チャンピオン🏆横川直隆選手のトレーニングメニューに関して!

今回の全日本選手権で優勝をしたのはまだ記憶に新しいかと思います。そしてなんといっても凄いのが、この1年で仕上がり体重を5キロ増やしたという事実!どれだけ過酷なメニューをしているのか、そしてトレーニングへの意識など皆さんにシェア出来ればと思います。

1.横川直隆選手とは?

1994年生まれ。グラップラー刃牙の範馬勇次郎に憧れトレーニングを始める。

本格的にはじめ、わずか2年で2016年全日本ジュニアボディビル選手権で優勝を果たす。

2018年全日本選手権では準優勝🥈

そして2019年の同大会で初優勝を果たした!

改めて見ると恐ろしい成長スピードです…

これで完全なナチュラルビルダーというのが凄い。

また、アウトデラックスというTV番組にも最近では出演しており、ボディビルの知名度向上に献身している姿が印象的です。

2.トレーニングメニュー

◎月曜 胸、肩 ほぼすべて2〜4レップ

インクラインベンチプレス

インクラインダンベルプレス

インクラインダンベルフライ

ケーブルクロス10レップ

バーベルフロントプレス 

サイドレイズ 20レップ

アップライトロウ 20レップ

リアデルトマシン 20レップ

◎火曜 脚前

ハックスクワット 1〜4レップ

バーベルスクワット  1〜4レップ

レッグプレス  8〜10レップ

レッグエクステンション 8〜10レップ

バックエクステンション 15レップ

アブダクター、アブダクション 8レップ

カーフレイズ 10レップ

◎水曜 肩

バーベルバックプレス 1〜4レップ

ベンチプレス 1〜4レップ

サイドレイズ12レップ

アップライトロウ8レップ

リアレイズ10レップ

リアデルトマシン20レップ

◎木曜 背中

バントオーバーロウ 6〜10レップ

デットリフト(ラック内)1〜4レップ

ワンハンドロウ 10〜15レップ

チンニング(前、後ろ)3〜8レップ

ラットプル(3種)6〜10レップ

プルオーバー6〜10レップ

◎金曜 腕.僧帽

フレンチプレス 1〜6レップ

プレスダウン3〜5レップ

キックバック 20レップ

ワンハンドダンベルカール 1〜10レップ

ワンハンドプリーチャーカール 3〜6レップ

インクラインカール3〜6レップ

マシンカール 3〜6レップ

ダンベルシュラッグ 20レップ

バーベルシュラッグ 20レップ

◎土曜 ハム、臀部

ライイングダンベルカール3〜6レップ

シーテッドレッグカール 3〜6レップ

ワンレッグカール 3〜6レップ

ダンベル、バーベルスティフレッグデットリフト 3〜8レップ

アブダクター、アブダクション10〜20レップ

バックエクステンション 15レップ

スクワット  10レップ

カーフレイズ 20レップ

◎日曜 オフ

3.トレーニングで意識しているポイント

f:id:ko_fit:20191226165636j:image

基本的に横川選手のトレーニングは、トレーナーに補助をついてもらうフォーストレップ法。

トレーニング強度は2018年度よりも倍はキツく、「このまま死んでしまうのでは?」と本人が感じるほど体の限界ギリギリを攻めたトレーニング。

減量法としては、減量幅が大きくなかったこともあり、有酸素無し。コメの量を少しセーブする程度とのこと!

とにかくトレーニング強度を高く保つことを最優先にされているようですね。

また、トレーニング自体も低回数で行っており重量を落とさないのがあのバルクでステージに立てる理由かと思います。

大森のゴールドジムでトレーニングを見かける機会が多いですが、かなり滞在時間も長くトレーニングボリュームが高い…

理論どうこうというのがありますが、筋肉を大きくするにはサプリどうこうよりトレーニングをいかに質の高いものにできるかが重要だと改めて感じさせられます。

如何だったでしょうか?

日本チャンピオンの驚愕のトレーニングメニュー。

真似しようと思っても出来る方はあまりいないのでは…笑

私もトレーニング法はもちろん、マインド面を特に参考にしたいと思います!

それではまた👋

コメント