【アフターコロナ】ジム再開から1ヶ月。10キロダウンのベンチプレスの重量を取り戻せ!

トレーニング

こんにちは。今回は久しぶりに大人気企画“ビフォーアフター“シリーズです。
以前コロナでジムに行っていない期間の身体の変化を綴ったところ、このブログの人気ナンバー1記事になっています。⬇️

【筋肉実験】週6ジムだった私が約2ヶ月ジムを休んだ結果(最終結果)
コロナウイルス感染防止対策のため、多くのジムは4〜5月は丸々休業。 週6ジムに行っていた筆者はこの期間に筋肉を維持できたのか?

今日は、この記事のその後について…果たしてジムが再開してから失った筋肉と筋力を取り戻すことはできたのか?今回はみんな大好きベンチプレスの重量で、コロナ前後の筋力・筋肉低下を検証。

果たしてどれほど筋肉を失って、それを取り戻せたのか?

Kohey
Kohey

ベンチプレスはあまり得意では有りませんが、今までのマックスは130キロです。体重が今は当時より7キロ軽いので、現在のマックスは不明です。(笑)

本日のテーマ

ジムに行っていない2ヶ月間で落ちた筋力は、果たして1ヶ月でどこまでと戻せたのか?その方法と筋肉量の増減についても検証。

4月ジム休業期間前のベンチプレスの重量

撮影日4月4日

この写真が体重75、6キロ。この時はベンチプレスを100キロで8回×3セットという感じでメニューを組んでました。その他のトレーニングはこんな感じ⬇️

  1. ベンチプレス 100キロ8回
  2. インクラインダンベルベンチプレス 40キロ 6回
  3. インクラインダンベルフライ32キロ 8回
  4. ケーブルフライ 15キロ 12〜15回

こんな感じで組んでいました。

5月28日 自粛明け初のベンチプレス

自粛期間も微力ながら、腕立て伏せや、途中から20キロのダンベルを使ってトレーニングを行なっていました。そして、待望の2ヶ月ぶりベンチプレス。

ベンチプレスは90キロが7、8回まで落ちていました。100キロにもトライしましたが2回しか挙がりませんでした

この時の体重は70キロ〜71キロあたりをウロウロ。体重が減少したことも重量ダウンに影響していますが、10キロ重量が落ちてて正直かなりショックでした!

ベンチプレス重量を取り戻すプログラム

自粛明けのトレーニングで最も注意しなければならないのが、“怪我“。
私はマンデルブロトレーニングというプログラムで、関節に負担がかからないように重量を毎回変化させながら、筋力を取り戻すことにしました。

【絶対に筋肉が大きくなる】マンデルブロトレーニングをやってみました!
こんにちわ。僕は現在食品系の会社でサラリーマンをしながら、ボディメイクコンテストを目標にし日々楽しく筋トレを行なっています。以前ジムで働いていた経験があり、普通にサラリーマンをしていると、どうしても食事や筋トレのことばかり...

例をあげると、

  1. 胸の日①ではベンチプレス85キロで10回3セット(中重量)
  2. 胸の日②では95キロで5回3、4セット(高重量)
  3. 胸の日③では70キロで20回。(低重量)
  4. 次回の胸の日①では、90キロ10回を目指す!(+2.5キロから5キロ)

という風に、毎回目標回数を変えてトレーニングを行いました。

ジム復帰から1ヶ月…果たして筋力と筋肉は取り戻せたのか?

まずは筋肉から。写真で見てもらうのが1番分かりやすいですね!

次に筋力。ベンチプレスの現在の重量は100キロ×6回。体重が69キロくらいにまで落ちているので、筋力もほとんど取り戻せたかなと思います。ちなみに、90キロは12回。

1ヶ月半から2ヶ月ジムにいかなければ、当然筋力、筋肉ともに低下します。ですが、元々筋トレを頑張っていた人は1ヶ月もあればある程度取り戻せるかと!
諦めずに、“怪我“だけ気をつけて頑張っていきましょう。

コメント