なぜミニマリストはAppleWatchを使う?できる機能、不便な点まとめ

ミニマリスト

こんにちは。最近ミニマリストになりたくて、物の整理に励んでいるKoheyです。
YouTubeや雑誌なんかを見て、ミニマリストが共通して持っている“ある物“に気づいたのです。それが、“Apple Watch“!

Kohey
Kohey

実際にApple Watchを使い始めて半年。
もうApple Watchなしでの生活が考えられない!ってくらいどハマりしてしまったので、皆さんにその魅力をミニマリスト的観点からシェア!

本日のテーマ

スマホ、財布、定期、音楽プレイヤー…多機能で大活躍のApple Watchの魅力を“ミニマリスト“的観点から皆さんにご紹介。

Apple Watchでできること

スマートウォッチの先駆けとして、2015年に発売されて以来、高い機能性とAppleブランドの信頼性により、高い支持を得ている時計。

簡単にできる機能を箇条書きにすると、なんと15以上はあります。

  1. 時刻表示
  2. タイマー
  3. ストップウォッチ
  4. LINEの確認
  5. 電話の応対
  6. 音楽アプリ
  7. Siri
  8. 支払い(Apple pay、交通系マネー)
  9. 心拍数測定
  10. 文字盤カスタマイズ
  11. アプリの簡易的な使用
  12. 地図の確認
  13. カメラ操作
  14. 活動量計(万歩計、カロリー計算)
  15. iPhoneを探す

ざっとあげると、こんな感じ。※細かい機能は割愛。
赤文字にしている項目が、個人的によく使う用途です。

Apple Watchがミニマリストに愛される訳

ミニマリストが愛用している理由で、最も共感されるのは、“支払い機能“
昨今では電子マネー化が、政府の方針もあり、かなり早い展開で進んでいますね!

Apple Watchを持っていれば、①交通系IC不要②財布も不要になるのです。
➡️出かける際の荷物を2つも減らせる!
近くに自分のiPhoneを持っておくことが必須ですが、スマホすらポケットから出さず、コンビニ、スーパー、改札の清算を済ませられるってめちゃくちゃ便利!

あとシンプルに、スマートに清算を済ます自分もなんかいいんですよね。(笑)

そして、その他にもミニマリストが愛用している理由は、アプリの簡易使用かなと!
私がよく使うのは、LINEの友達追加QRコード表示と、音楽アプリ、リマインダーアプリへの口頭入力

時間の節約、スマホ依存からの脱去が可能。また、音楽アプリの再生の停止や、曲選びもApple Watchでできるので、移動中なんかは非常に便利!(Siriもいけます。)

半年間使って不便に感じるポイント

ここまで、Apple Watchのメリットをずらりと書き綴ってきましたが、「逆に何が不便なの?」という声もあると思います。

半年間使ってみて、最も不便を感じる瞬間は、“充電が必須“であること。1日つけている方であれば、毎日充電しないと持ちません。
目安は18時間と言われてます。

私の場合、1日つけていても、その日のうちに10%以下になることは絶対にありませんが、充電を忘れた日は、「改札すら通れない…」なんてことも。(笑)

そんな不安な方は、Apple Watchのスマート充電器を持っていると楽かもしれません!キーホルダータイプでコンパクトなので収納しやすく、ミニマリスト向き。

Apple Watchをまだ持っていない人へ!

Apple Watchがミニマリストに選ばれる理由をまとめるとこんな感じ⬇️

Apple Watchまとめ

・電子マネー決済が革命的に楽チン!
➡️時計+財布+定期の3役
・iPhoneのアプリの簡易操作もできちゃう!
・充電忘れが多い方は、モバイルバッテリーを活用してみては?

皆さんの生活から、物を1つ、2つと少しずつ減らしてみてはいかがでしょうか?
物が減るのと引き換えに、心と場所のスペースが生まれます。

“ シンプル is ベスト“なライフスタイルを、まずは時計から生み出していきましょう。それではまた👋

コメント