食品のプロが教える“サラダにキャベツ“が定番なワケ!5つの理由

ダイエット

こんにちは。
サラダと言われると,頭に思い浮かぶ野菜は何でしょうか?

Aさん
Aさん

やっぱりキャベツ、ブロッコリー、レタス、トマト、きゅうり、コーンなんかが定番なのかなあ?

Kohey
Kohey

やっぱり1番真っ先に出てくるのは“キャベツ“ですよね?じゃあ、なぜキャベツがサラダにいつも入っているか考えたことはありますか?キャベツがサラダにぴったりの理由を、『食品・栄養のプロ』がお伝えします。

本日のテーマ

キャベツがなぜサラダに入っているか、理由を説明できるようになる。
また、キャベツの美味しいダイエットレシピも皆さんにシェア。

キャベツとは?

キャベツってどんな野菜?

キャベツはブロッコリーやカリフラワーなどと同じアブラナ科アブラナ属の多年草で、その祖先はその薬用効果の大きさでしばしば話題になる「ケール」です。

品種改良により、様々な形で流通していますが、日本で最初に生産されたのは江戸時代。戦後になって、洋食文化とともに普及した野菜です。

キャベツの旬や産地は?

引用:https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kyabetu.htm

キャベツは季節によって産地が変わり、夏から秋にかけては群馬県や長野県などの高原や北海道など冷涼な土地で栽培されたものが出回ります。旬は品種ごとに異なりますが、年中一定量が収穫できて、使い勝手のいい野菜ですよね。

キャベツが“サラダ“に入っている5つの理由。

価格が安定して安い

キャベツ1玉って何gかご存知ですか?もちろん個体差はありますが、だいたい1kgくらい。キャベツ1玉がスーパーで150円くらいで売られているということを考えると、100gあたりで単純計算15円

他の野菜の100gあたりの価格を見てみると、

定番野菜の100gの価格

・トマト 50〜60円(大サイズの半玉)
・人参 30円(1本)
・玉ねぎ 20円(半玉)
・レタス 20円
・オクラ 100円(5本)

キャベツがg単価でみると圧倒的に安いことがわかります!

整腸作用がある

ボディビルの日本チャンピオン“鈴木雅“選手のセミナーに参加した際に伺った話なのですが、

鈴木選手
鈴木選手

ダイエット中は、キャベツを半玉から1玉食べます。
キャベツをいっぱい食べると、翌日のお通じが良くなり、便秘にならない!

この話を聞いてから、積極的にキャベツを食べるようにしています。さすがに1玉は“お腹が張る“ような感覚になります(笑)。しかし、意識的にキャベツを食べ出してから、便の調子がとてもいいです。便秘になると、うまく消化をできないことはもちろん、常に胃にむかむかした感覚が残り、ストレスにつながる。更にそのストレスが便秘を引き起こす…という負のサイクルに。

皆さんも、LETS キャベツで“腸活“!

カロリーが低い

100gあたり23kcalと非常に低カロリーです。
ですが、キャベツ自体にはそこまで多くのビタミンやミネラルは含まれていないので、『栄養(ビタミン&ミネラル)摂る』という目的よりは、お腹を膨らませるという意味合いの方が強いですね。

かさが多い

先程の低カロリーの話と少し重複しますが、見た目以上に軽くてかさが多い。
つまりは、水分を多く含んでいるということ。

これがなぜダイエットに効果的か?1つは、多くの回数噛むことにより、満腹中枢が得られること。2つ目は、水分をキャベツからも摂取することで、身体の血流の巡りをよくし、代謝の促進を手助けしてくれることにあります。

「空腹で寝れない」「お腹が空きすぎてるけど、さっきも食べたしなぁ」なんて時は、キャベツのサラダで凌ぎましょう。

どんな食材・食シーンにも合う

キャベツがサラダで愛される1番の理由は、その利便性にあります!千切りにしても良し、ちぎって食べるも良し、酢漬けにしても合うなど、幅広い食シーンにマッチします。

後ほど、レシピなんかも紹介しますが、味付けを変えれば、変幻自在に皆さんの口に届きます。

キャベツを使ったダイエットレシピ

キャベツとじゃこのポン酢和え

シンプルisベストを体現したようなレシピ。
キャベツを茹でて、じゃことポン酢で和えるだけ簡単。1食のカロリーなんてあってないようなものなので、ダイエット中のつまみやおやつにどうぞ。

キャベツとじゃこのぽんず和え | キッコーマン ホームページ
キャベツとじゃこのぽんず和えのレシピをご紹介。キャベツとしらす干し・ちりめんじゃこを使って簡単お手軽に調理できます。炒め物や煮物から揚げ物まで様々な献立レシピを簡単検索!お弁当や健康(ダイエット)レシピもご用意しています。キッコーマンのレシピサイト【ホームクッキング】

キャベツと鶏胸肉の甘辛炒め

結論からいうと、“ウマ過ぎ注意“です。あまりの美味しさに、ご飯が欲しくなるので、おすすめはトレーニングの前に、お茶碗いっぱいと、この一皿をご褒美に食べる。

鶏胸肉の少し味気ない食感を、キャベツのシャキシャキ感がマッチ!
風味もいいので、ハマること間違いなし。

キャベツと鶏胸ミンチの出汁煮

これはいつも私が食べているレシピです(笑)。
ダイエット中って、お腹を膨らませるためにも、汁物についつい行っちゃうんですよね…。

白だしの風味と鶏のだしがキャベツにしっかり味染みしていて美味しい。いくらでも食べれちゃいます。

レシピ

①鶏ミンチを炒める②オクラとキャベツを投入③そのまま熱湯と、白だしを入れて2分

いかがだったでしょうか?
ダイエット中の最強の相棒になる“キャベツ“。その効果と、食べ方を意識して、明日からの食生活に活用して行こう!それではまた👋

コメント