【英語力アップ!無料で出来る最強のアウトプット】英語で日記を書いてみよう!

英語

こんにちわ。

本日は私がやっている英語学習法の1つである日記に関するトピックをシェア。

このタイトルをみて、「日記ってなかなか続かないよな…」とか、

「日記だけで本当に効果あるの?」と疑問に思った方もいるかと思います。

そんな方々に向け英語での日記の書き方を私なりに解説!

また継続のポイント、どういった効果を実感しているかを2ヶ月ほど英語で日記を書いてみた経験を元にシェアしていければと思います!

1.英語で日記を書いてみよう

私が使っているのは「one  note」というノートアプリ。

⬇️

ちなみにこのアプリに日常生活であったわからない単語や表現などもまとめています。

(アプリの概要については後日記事を書く予定なので少々お待ちを。)

f:id:ko_fit:20200212084633j:image

日記の書き方としては以下のルールだけ設けて自由に書いてます。

  • 前日にあった出来事とその感想を書く。
  • 英語での表現がわからない場合はすぐGoogle翻訳でチェック!
  • 1日に1個で良いので新しい表現や単語をつかう試みをする

シンプルに日本語で日記を書くような感覚で書いてます。以下の2パターンが非常に書きやすいかと。

①シンプルな日記スタイル

あった出来事とその時間、内容などを書く。それに関しての感想や気づきを書く。

f:id:ko_fit:20200214202948j:image

②その日の出来事を箇条書きにまとめるスタイル

時系列でやったことを箇条書きに書く(to do リストのようなイメージ)

例えば…(とある日の出来事リスト)

  • English lesson 
  • chest workout 
  • meet my old frind
  • preparation for next week

ここからどれか1つを取り上げて感想や出来事の詳細を書く。

出来たことと、出来なかった事を可視化できるので普通に日常の振り返りとして非常に効果的です。

2.日記を書くメリットは?

①英単語、英語表現のアウトプット

私が初めて海外で英語を話そうとして思ったことは、

「単語の意味は分かるし、読めるのになぜか言葉がすぐ出てこない!」

せっかく単語帳や、辞書で意味を調べた新しい単語も使わなければ忘れてしまいます。

出会った単語は3日以内くらいに会話や文章に使えると脳への定着に効果的です。

②日記を書くことで自分のやること、達成したことが整理できる

英語学習のために始めた日記ですが、意外にも日常生活のリマインド的役割に今ではなっています。

「やろうと思っていたけど忘れていたこと」など、ふと日記を読み返すと

書いてあったり、またやりたいことを決意表明のように書いてモチベーションを高めるのにも良いですね!

③英語の言い換え表現に出会える

  • 英語での表現がわからない場合はすぐGoogle翻訳でチェック

と前章で書きましたがこれが本当に便利で勉強になる。

調べる前に「どういう文になるか?」を考えてみるのですが、こんな簡単な表現でも伝わるのか!

とはっと気づくことだ多々あります。

自分の語彙力だけでは文章がパターン化しやすいので、会話表現のインプットを是非!

3.英語日記を継続するには?

ぶっちゃけ結構簡単に出来るし、無料だからこそ後回にしちゃいます。

➡️結果、なかなか続かない(私も大学生時代トライしましたが続かず…笑)

継続のポイントは、

思わず日記を開いちゃうような環境をつくる、癖付けをすること!

多くの人はSNSを電車での移動中や空き時間に無意識に開いているのではないでしょうか?

こうなることを最終ゴールとし、私はTO DOリストのように使ったり、記録用のような意味合いも込めて

日記を使ってます。人それぞれ生活スタイルに合わせて、思わず見ちゃう、書いちゃうようにできればそれが理想!

今後はリマインダーやカレンダーなども英語で記入できるようにしたいなと今考え中です。

②書く時間を2回くらい作っておく

私は朝の時間、もしくは夜ご飯を食べた後に書けるときに書くようにしています。

朝ダメだったら、夜書いて、気が向いたら2回書く。強制でやるのではなく、あくまで

ついついやるような習慣にしたいという想いでこのやり方をしています。

如何だったでしょうか?

誰でも簡単で今すぐに始められる英語学習の日記!

皆さんも帰りの電車、夜寝る前、ご飯のあとの休憩時間など隙間時間に取組んでみては?

それではまた👋

コメント