【辞めた習慣、始めた習慣in2019】生活習慣を変えたら驚くほどQOLが上がりました。

仕事術

こんにちは。

2019年ももうすぐ終わり、新年を迎えますね!

皆さん2019年も良い年になったでしょうか?

最高の成果を出せたという方もいれば、失敗が多く続いた年となった方もいらっしゃるでしょう。

結果がどうであれ、大事なのは成功や失敗の要因を考える機会を作ること!

ということで今回は、2019年私にとってチャレンジしたいことに集中して取り組めたのですが

【習慣】に焦点を当ててその要因を振り返ってみたいと思います。

⬇️(チャレンジしたことリスト)

f:id:ko_fit:20191231190454j:image

1.辞めた習慣

辞めた習慣は以下の3つがメインになります。

  • YouTubeのアプリを消した→ダラダラする時間が激減
  • 衣類や物を出来る限り買わない
  • 高頻度の飲み会への参加

YouTubeアプリの削除に関しては以下の記事に書いているのでご参考までに👇

2つ目、3つ目に関していうとお金と時間の使い方を変えること!

具体的に説明すると、お金に関していうと

物や衣類→場所やスペース、選択に対する迷いの時間を要する

のでその代わりに体験(旅やセミナー、友人との交際費)にお金を費やし

自己、そして他者との信用をつくることに投資しました。

2.始めた習慣

始めた習慣は以下の3つがメインになります。

  • 早朝に人生において“重要度”の高いことをやる(英語学習、筋トレ)
  • メモを書く(To Doリスト、自分の感情、感想)
  • 思ったことを英語で考える

どの項目についても過去にブログに書いたことがあるので少し省略しますが、

早朝に人生において“重要度”の高いことをやるに関してサッカー選手の本田選手が

素晴らしいコメントを残していたので皆さんにシェアを!

僕の時間の使い方のルールは明確だ。「やるべきこと、やらなければならないことからやる」。朝起きて、優先順位が高いものから順番に片付けていくようにしている。だから午前中の時間の使い方が大切なのだ。8時には家族で朝食をとり、そのあとはランチまでサッカーの練習だ。

参考記事⬇️本田圭佑の時間への考え方

Keisuke Honda’s day starts with English / ケイスケホンダの朝は英語から始まる

3.生活習慣を変える上で最も大切なこと

①何かを始めたら何かをやめる(時間は平等。1日は24時間である)

②“なぜ”それをやるのか、やめるのか定期的に考える

①に関して至極当たり前のことを言っていますが、意外と気づいていない人が多いです。

新年から「運動を始めよう、ダイエットしよう」など何かを始める決意をする方がほとんど。ですが、時間は今までとなんら変わらず過ぎていきます。

だからこそ、何か自分の生活にとって今必要でないものは辞めなければ新しいことを始めるスペースはありません。

2020年辞める勇気を持ちましょう!

②は、上のダイエットの例に関していうと「そもそもなんで痩せる必要がある?」と考え直すということです。

概して始めたての時はこれを意識しやすいです。時間が経つにつれ、その気持ちは薄れ、状況の変化によっては”なぜ?”の答えは定期的に変わることすらよくあります!

ではどうするか?

メモを取ること(明確に文字に心情を書き起こす)で、定期的に行動の意味を振り返ることができます。

努力をすることは大切ですが、その方向が間違ってないか?を見直すことで習慣の継続率は高まります!

2019年、ブログ開設1年目でしたが今後も皆さんに何か少しでもプラスになる情報を提供できればと思います。

今年1年ご愛読ありがとうございました😊

それではまあ来年👋

コメント