HIITの効果を人体実験!HIITを1ヶ月毎日やり続けてみた。【大会まで残り50日】

ダイエット

こんにちは!
絶賛減量中のKoheyです。今回の減量は食事量も特に変えず、ある1つのことを継続して減量が成功するのか?を実験中。その“あること“とは?

Kohey
Kohey

この記事のタイトルにも書いてある“HIIT“(ハイインテンシティインターバルトレーニング)を1ヶ月毎日欠かさずにやってみました。「食事を大きく変えなくても、HIITの効果だけでこんなにも成果がでる」と証明できればと思ってます。

本日のテーマ

HIITトレーニングの効果を自分の身体で実証。見た目、体重、トレーニングパフォーマンスの変化をシェアします。ダイエットにおける“HIIT“の有用性をシェア。

HIITエクササイズ実験

HIITとは?

 「HIIT」とは「High-Intensity Interval Training(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)」の略。いわゆる高強度インターバルトレーニングを指します。インターバルトレーニングとは、高負荷の運動と低負荷の運動を交互に入れること。それの強度をぐんと高めたものがHIITなのです。例を挙げると、20秒の全力運動、10〜20秒休憩。6 〜10セット繰り返すというのが基本のやり方。

以前、HIITに関する記事を書いているので、もっと詳しく知りたい方はこちらからチェック⬇️

【2週間で驚きの成果】HIITめっちゃキツイけど効果半端ない(プチ減量途中経過)
皆さんHIIT(ハイインテンシティインターバルトレーニング)をご存知でしょうか? この方法を実践すれば、しっかり食事を取りながら痩せることができます!断言しましょう。 しかし、めちゃくちゃキツい方法!?

今回のHIIT人体実験の前提条件

実験をするに当たって、変化要因は1つに固定しておくというのが基本。
そのため、これを実施するに当たって、次のような大まかなルールを作りました。

HIIT人体実験のルール

①摂取カロリーは、変動させない。毎日2000kcal目安。
②有酸素運動は積極的には行わない。
③トレーニング後に毎日HIITを行う

ルールとして、1日の摂取カロリーや消費カロリーは、それ以前よりできる限り変えずに行いました。正直、「全然効果出ないんじゃない?」という不安もありました。(笑)しかし、運動量を過度に増やしたり、摂取カロリーを急激に抑えると、『トレーニングの重量(質)』がさがる。これだけは絶対に起こしたくない!と思い、HIIT実験を敢行。

行ったHIITエクササイズのやり方

これはいつも行っているやり方ですが、

自転車で20秒全力漕ぎ→10秒休憩を8セット繰り返すやり方(計4分)

普通のバイクでもいいですが、エドワード加藤さんがやっていたので、“パワーマックス“というマシンでHIITをやってます。

LEG DAY#2【地獄の脚トレ/後半】エドワード加藤 x 渡辺実コーチ "パワーマックスで限界を超えろ"

その効果はいかに?衝撃“Before&After“

1ヶ月の成果はいかに?

フロントポーズ比較

左が体重70キロぴったり(7月28日)、右が体重69キロ前後(8月29日)。体重の変化はわずかでしたが、見た目は驚くほど変わりました!

バックポーズは過去の写真があまりなかったので、8月10日からの変化。
左が70キロ弱(8月10日)、右が69キロ前後(8月29日)。むっちりしていた感じが消え、特にウエスト周りが絞れました。

トレーニング重量の変化

Kohey
Kohey

減量が進むにつれ、パワーが出なくなり、トレーニングのパフォーマンスがさがる…これが毎年の課題でした。
(体重が落ちるので、出力は落ちて当然とすら思ってました。)

今回1ヶ月のBIG3のメインセット重量の低下は果たしてあったのか?

結論からいくと、“全く無かった“。むしろ、種目によってパフォーマンスが上がってきた。

ベンチプレス重量 100キロ×6→100×6
スミススクワット重量 130キロ×5→135キロ×8回
デッドリフト重量 180キロ×5回→185キロ×3回

今までの減量ではあり得なかった、減量中盤での重量アップもありました。加藤直之選手のパーソナルトレーニングで、トレーニングへの姿勢が変わったのが大きな要因。「トレーンングは、筋肉をデカくする!」と常に意識続け、重量UP(維持ではだめ)を毎回狙っています

大会まで残り50日 今後のプラン

今後もこのやり方で減量を進めていきます!しかし、9月末には66キロ代に載せて、9割仕上がった状態にしたい。なので、①朝一有酸素、②ダブルスプリットをうまく活用し、1週間単位で身体と体重の変化を見て①、②をどの程度の頻度で行うか判断していく予定。

最高の状態でステージに立ち、会社員でも表彰台のテッペンに立てることを証明したい!この思いで死ぬ気で残り50日突っ走る!応援よろしくお願いします。
それではまた👋

コメント