【トレーナーが語る】パーソナルを半年受けて分かった、トレーナーの選ぶ3つのコツ。

トレーニング

こんにちは。
私の簡単な自己紹介ですが、普段は会社員として働きながら、副業でトレーナーもしてます。

Kohey
Kohey

トレーナーを6年間やってきて、“サービスを受ける側“を恥ずかしながら経験したことがなかったです。『顧客視点』に立つため、半年間パーソナルトレーニングを受けて感じた、①メリット②効果的な期間③トレーナー選びの3点を皆さんにシェア

本日のテーマ

「パーソナルトレーニングを受けたい!」と思っているが、いろいろありすぎて選べないとお悩みのあなたに向けた記事です。この記事を読めば、パーソナルのメリットはもちろん、適切な期間や、トレーナーを選ぶ基準が分かります。

パーソナルトレーニング半年受けた結果

まずは、結論からいっちゃいましょう!
月1回以上の頻度で、自分の理想の姿を達成している人を選びましょう!
私は、このブログでも何度も紹介させてもらっている、『加藤直之選手』の指導を月1〜2回の頻度で受けました。(過去記事⬇️)

【プロに学ぶ】全日本3位の肩トレで肩が爆発しました。(ポイント・種目解説)
2019年の全日本ボディビル3位の加藤直之選手に“肩トレ“を習ってきました!肩にピンポイントの刺激がくるフォーム、種目選びなど必見です。3分読めば、あなたの肩が見違えるほど成長します。
Kohey
Kohey

加藤選手は2020年のボディビル日本大会で、なんとチャンピオンに輝いた偉大なトレーナー!
私は筋肉モリモリになりたいので、日本一モリモリな方をチョイス🙌

身体の変化

パーソナルトレーニングを受ける前が右、受けてからが左です。一目瞭然の変化…
体重はというと、左 65キロ、右74キロ
パーソナルトレーニングを受け始めてから、今までとは全く異なるスピードで身体が変化していくのを感じました。

マインドの変化

「人を変えるのは環境だ」とよく言われますが、今回身をもって感じました。

今までなんとなくYouTubeでみたトレーニングを真似してみたり、人から聞いたこと、本で読んだことを実践してみるというのが私のトレーニングでした。加藤選手のパーソナルを受けて、「自分の今までのトレーニングはただのエクササイズだった…」と感じるほど、レベルの差は歴然。

今まで目的地を目指す時に、徒歩や自転車しか知らなかった人が、車や新幹線、飛行機で移動する方法を知ったかのような、そんな衝撃的な感覚でした。

Kohey
Kohey

「自分はトレーニングのやり方を知ってるし、習う必要はない」と思ってる方。いつまで歩いて目的地を目指すつもりですか?
飛行機に乗る方法知りたくないですか?

そんな方はぜひ1度パーソナルを受けてみよう。

パーソナルトレーニングを受けたい方へ

パーソナルトレーニングのメリット

ここまでつらつらと、“パーソナルトレーニング“の感想を書きましたが、まとめると5つほどメリットがあります。

  • 目標の身体を最短で達成できる
  • 正しいやり方を身につけることができる
  • モチベーションを高く保てる
  • お金を投資したことで、より本気になる
  • その人の身体にあったメニュー作り

これ以外にもたくさんのメリットがありますが、①知識②メンタル維持③オーダーメイドという3点が大きなメリット。

パーソナルを受ける頻度

Kohey
Kohey

パーソナルトレーニングは決して安いものではありません。
個人のお財布と相談しよう。
しかし、高い成果を得たいなら、最低月1〜2回は通うべし!

頻度を月に1〜2回が最低ラインと考える理由は、習慣化21日ルールで解説します。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのPhillippa Lally博士が、平均27歳の学生合計96人を対象に、新しい習慣を身につけるのにどれくらいかかるか実験し、行為は21日で習慣化。行動の習慣化は60日かかった。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/ejsp.674

つまり何が言いたいかというと、最低でも21日スパンで受けて、習慣として身につける。21日後には習ったことの感覚も薄れてしまうので、習いに行ってアップデートする。この繰り返しが、劇的に身体を変えるポイント。

次に、お金の話が大きく絡んでくるので、投資額の回収速度に視点を置いて考えましょう。

例えば、1ヶ月に1万のジム代を支払っている人。
1年間で、12万円、2年で24万円、3年で36万円の費用が…

この人が3年間かけて達成する目標の身体を1年で手に入れることができるとしたら?
そのためにパーソナルトレーニングを月に2回受ける場合、追加で1万5千円かかります。

最初の1年にこの人は、12万円のジム代+18万円のパーソナルトレーニング代で30万かかります。1年目の投資としては大きいですが、3年間通い続けるより6万安く、そして2年早く目標を達成できるんです!

まとめると、頻度は月に1回以上がおすすめ。(初心者は月3、4回)
理想を言えば3週間(21日)サイクルで通い、情報をアップデート。
3年で手に入る身体を1年で手に入れられる方法がパーソナル!

トレーナー選び

最も難しいパートがトレーナー選び。教える側、教わる側の両視点を経験した私が感じる選び方の優先度は、①権威性(その人の経歴・資格・知識)②人間性(コミュニケーション)③費用。

①権威性(経歴・資格・知識)

“権威性“という難しい言葉を書いていますが、要は「自分の悩みを解決できる人か?」ということ。

例えば姿勢を治したいという人が、サッカーのコーチに習いに行かないですよね?整体や姿勢改善のプロにお願いしに行くはずです。これは極端な例ですが、意外とよく見かけるので注意しましょう!

「自分の課題にあったトレーナー」を探す1番簡単な方法は、自分のなりたい姿を達成しているか?と問いかけること。
私の場合「ボディビル的に評価される身体になりたい」という理想像。
➡️日本一のボディビルダーに習う

という流れ。もし、モデルになりたいなら、モデルをしながらトレーナーやってる人がいいですし、モテたいなら、モテてそうなトレーナーに聞くのも面白いかもしれません。(笑)

②人間性

入り口は“自分の理想像であるかどうか?“で良いと思います。
しかし、必ずぶち当たるのが、トレーナーと価値観が合わない…という課題。

ここに関しては、とりあえず受けてみる事に尽きます。ですが、「自分と似た境遇のトレーナー」を探せば(元ガリ、元デブ、元会社員)、共通点も多く価値観も合いやすい。

私の場合、「BIG3と呼ばれる基本トレーニングを極めたい」という目的があったので、雑誌で「BIG3にこだわる」とおっしゃっていた加藤さんをチョイス。

人間性、つまりは共通して繋がる部分を見つけることが我々利用する側にも求められる時代なのです。

③費用

ぶっちゃけ費用はいくらかかっても良いと思います。
でも、「そんな金ないから!」って批判の声が殺到すると思うので補足。

Kohey
Kohey

最低限相場は知っておきましょう。
①総合スポーツクラブセッション 6000〜7000円
②個室パーソナル        8000〜15000円
③フリートレーナー       5000〜10000円

パーソナルトレーニングというと②をイメージされる方が多いと思いますが、費用はかかります。しかし、トレーニング外でのサービスが手厚いなどのメリットも!

自分には何が必要かどうかしっかりと見極めましょう!

まとめ

本日お話した内容を15秒に求めるとこんな感じです!

本日のポイント

①パーソナルトレーニングは、理想を最速で達成するジェット機のようなツール
②受ける頻度は最低でも月1回、初心者週1が理想です。
③トレーナー選びのポイントは、「自分の理想の姿を実現しているか?」

いかがだったでしょうか?少しでも皆さんのトレーナー選びに参考になれば幸いです👋

コメント