【起業家に会う】1ヶ月で10人の実業家に会い、平凡な会社員生活にサヨナラ?

副業・起業

こんにちは。
コロナ真っ只中で、将来への漠然とした不安や、このままでいいのかと自問自答されている方も多いのではないでしょうか。

会社員A
会社員A

「何か始めたい」「起業してみたい」と漠然と考えているけど、
何からやっていいかわからない…

Kohey
Kohey

まさに1ヶ月前の私です。(笑)
1番の解決策は、その方法を知ってる人に会うーつまり起業家・実業家に会うこと。
この1ヶ月で10名の実業家にお会いし、自分との大きな違いに気づかされました。(また別でシェアします。)
本日は、“起業家に会う方法“を4つ私の体験をもとにシェア。

本日のテーマ

「何か始めたい」「自分で事業をしたい」。そんな方の第一歩となる“起業家“に会う方法を、私が実際に行ったやり方をシェア。人脈が無くても誰でもできる4つの方法。

起業家に会う意味

まずは、なぜ「起業家に会うこと」が自分の人生の迷いを解決してくれるか?という疑問。
理由は、至ってシンプル。彼らはすでに、そのステージを経験し、自らの力で切り開いてきたから。

野球をやっている子供が、トレーニング本や、プロのスイングを分析したり、練習法を学んだりするだけでは上達は当然しません。
グラウンドで“実践する“こと。“実践“からしか結果は出ない。その点において、“起業家“は、あらゆる悩みに対し、実践を繰り返してきたプロフェッショナル。

Kohey
Kohey

まずは、彼らの考えや行動を見たり、聞いたりすることで、自分も企業に向けた“実践“に移れると思い、とにかく“会う“ことを目的に1ヶ月過ごしました。

10人の起業家に会った4つの方法

業界は問わず、様々な事業をやられてる方に会いました。
私が実践した方法は次の4つ↓

  • 交流イベントへの参加
  • 転職サイト利用
  • 友達・親戚に聞く
  • SNS

交流イベントへ参加

私が実際に今まで参加したイベントはこんな感じ↓

  • スタートアップハブ
  • クロスハブ東京
  • スタートアップウィークエンド
  • meet up

それぞれ特徴が違いますが、最も重要なことはとりあえず参加すること!
そして参加した際は、「目的を1つ明確に持つ」。これだけで起業家に会えます。

私の場合は、「自分で事業をやってる人に会う」という目的を設定し、イベントに参加をし、運よく巡り合うことができました。

関連サイトのURLからぜひ一度自分に合ったイベントを探してみてはいかがでしょうか?

無料コワーキングスペース。StratupHubで無料の起業相談を受けました。
最近、テレワークの普及で“コワーキングスペース“が注目を集めていますね。そんなコワーキングスペースを、“無料“且つ“起業コンサル“を受けられる場所を皆さんにシェア。
STARTUPS INBOUND PROGRAM | 【 東京都主催 】 東京と世界を繋ぐイノベーションプラットフォーム「X-HUB TOKYO」
FinTechコース Mobilityコース Life Scienceコース TOP 海外スタートアップ (FinTechコース) Artivatic Data Labs Private Limited. 代表者:Layak Singh Artivatic Data Labs Private Limited.はAIを使...
【賞金100万!】オンライン起業コンテスト(スタートアップウィークエンド)に参加@1日目
起業をしたい人が参加するビジネスコンテスト(ワークショプ)に参加しました。グローバルな起業を視野に入れた参加者が集まるSW。オンラインで開催されるこのイベントの内容や、どういった参加者がいるのかを解説していきます。
We are what we do
Find Meetups so you can do more of what matters to you. Or create your own group and meet people near you who share your interests.

転職サイト利用

Kohey
Kohey

転職する気は別になかったのですが、事業をする仲間探しの目的で登録。なんとなく見ていたら、「この会社面白い!」というページに出会いました。
速攻連絡を取り、アポ取り→面談という流れ。

私が使った転職サイトは「wantedly」。

はたらくを面白くするビジネスSNS・Wantedly
Wantedlyは、運命のチームや仕事に出会えたり、人脈を広げ、ビジネスの情報収集に使えるビジネスSNSです。

マイナビやリクナビもありますが、「wantedly」の良いところは、直接採用担当者とアプリで連絡が取れるところ!
スタートアップ企業が多いので、チャンスがあれば、社長と直接面談する機会だってもらえます。

自分の気になる業界の代表に話を聞けるだけでも、だいぶ人生にとって価値が出る!
ぜひ皆さんも恐れずに飛び込んでみてはいかがでしょうか?

友達・親戚に聞く

1ヶ月前の私は、とにかく「成功している人」に会いたかった。「筋肉をつけたいなら、マッチョに聞くのが早い」という諺があるように、「すでに成功している人」がなんとしても必要でした。

Kohey
Kohey

友達や親戚、合計10人に「社長やってる知り合いいない?」と送るだけ。
私はこの方法で4人の起業家・実業家に会うことができました。

友達や親戚だと信頼できるので、“情報商材系“の怪しいビジネスの勧誘を受ける確率もグッと下がります。あなたが本当に“会いたい“と決意したなら、少し恥ずかしいですが、最も手っ取り早く・確実な方法です。

SNS

結論から言います。会える確率は低いです!
ですが、自分の心から会いたい人に、自由にメッセージを送ることができる夢のツール。

先日本を1000万部出版した著者?のお弟子さんに、SNSのおかげで会うことができました。この時に役に立ったポイントは、

  • その人のSNSを事前にくまなくチェックし、思いを伝える!
  • 本や記事、ブログなどのコンテンツをしていたらもちろん全てチェック
  • 相手に与えられること(時間・物・情報)が少しでもないか考える

まあ5人送って、1人会うことができたらかなり良い方でしょう。この成功率を高めるには、普段のSNSの投稿などももちろん判断材料にされるので、自分の軸を持って投稿してると良いですね!

終わりに

いかがだったでしょうか?
“起業家に会う“方法をご紹介しましたが、1番の目的は“会った後に、自分がどう行動するか?“だと思います。

「自分には違うな」と思えばそれまでで良いですし、「自分もこんな人になりたい」と思うのであれば、その人を徹底的にパクリ行動しましょう。私も偉そうなことを言えませんが、「起業家のように振る舞う」ということを学べたのはこの1ヶ月の収穫でした!

少しでも現場に不満のある方は、ぜひ実践してみてください。それではまた👋

コメント