高校生からの夢「アナザースカイ」に出たい!1年以内に“海外起業“をし、夢を実現させます。

副業・起業

こんにちは。
本日は自分の過去とこれからについて、このブログを借りて日記感覚でシェアしたいなと思い、書いてます。

私の高校生の時から掲げている夢と、それを実現するために私が今後実践していくことを、この場を借りて勝手に宣言。
少しでも、目標をもって頑張る人に刺激を与えたり、共感が得られたら幸いです。

私の高校生の頃からの夢

私が高校時代から今も変わらず、ずっと言い続けている唯一の目標があります。
それは、アナザースカイに出ること!

というのも、高校時代の私は、とにかく映画が好きで毎週の金曜ロードショーを今か今かと楽しみにしていました。金曜ロードショー終了後に、23時より報道される番組がアナザースカイ!(1番好きなATSUSHIの放送回⬇️)

高校時代の僕は、この番組を見ては、『誰もが挫折を経験して、成功している』と勇気をもらってました。

Kohey
Kohey

いつかただの片田舎の特徴も何もない自分が成功して、誰かに勇気を届けたいと思い、アナザースカイに出ることを人生の目標にしています。

当時の同級生は、それをバカにする訳でもなく、「お前変わってるな、面白いな」と優しい言葉をかけておかげで、今もこの目標を持ち続けられているのかもしれません。恵まれた友人関係に本当に感謝。

大学時代の私ー海外に興味を持つー

宮崎の高校を卒業し、東京に行くのすらびびっていた私は、当時全く海外に興味がなかった。渋谷と新宿は、漫画やドラマのイメージで、未成年は“入っちゃダメな場所“と思ってたくらい。(笑)

そんな私が初めて海外に行ったのは、大学2年の春。家族で台湾旅行に行きました。
そして海外で働くことに興味を持った1番のきっかけは、セブ島留学。

セブ島のモアルボアルホワイトビーチ

日本の言語が通じない、見慣れない建物、なんか不思議な匂いのする路地、自分の当たり前が当たり前でない環境。全てが未知であり、日本で成功することしか考えていなかった私に、“世界の広さと可能性“を思い知らせてくれました。

それからというもの、漠然と海外で働いてみたいという思いが日に日に増すように。そして、『アナザースカイに出る』という目標も、いつしか『海外で働き、そこをアナザースカイで紹介したい』と気持ちに変化がありました。

そうした思いを掲げながら、大学を卒業。留学する前から入社の決まっていた、某大手食品商社に流れに身を任せて入社することに。

【セブ島留学】セブ島に短期留学(1ヶ月 )体験記(費用、学校等)①
セブ島に留学を考えている方。学校選びやエージェント選びは非常に重要です。 結構勢いでやっちゃう人も多いですが、費用面はもちろんカリキュラムも大きく変わってきます。 是非正しい知識をつけて留学を。

食品商社に入社。ー安定と挑戦の葛藤ー

食品商社に入社した私は、社会というものがどういうものなのかを22、3才の若手なりになんとなく理解しました。
皆誰かのために働くし、時にはその行為で人を喜ばせることもあれば、傷つけることもある。社会は綺麗ではなく、あくまでも組織の一部という原則に従って動いていることを悟りました。

そして、入社して4ヶ月目の満員電車での通勤中のこと。ふと「40才になった自分が、自分の本当にやりたいことはやり遂げずに、『安定した生活』を送っている姿」が頭の中ではっきりと浮かび上がりました。

そして、自分がそんな社会に抗おうともせずに、ただ身を任せていることに気づき、その生活に嫌気がさしました。

ボディメイク大会に出場し、ブログをスタート

私には幸運にも熱中ができることがありました。それが筋トレです。
筋トレは週6でジムに行き、昨年は働きながらSSAというコンテストに出場。結果は自分の望んだものに遠く及びませんでしたが、観にきた友人や同僚が「感動した」、「自分もやる気が出た」と、自分の好きなことに打ち込む姿で人にいい影響をもたらせたことが嬉しかった。

2019年9月 SSA出場

そして、大会が終わったしばらくして、「困っている人、悩んでる人に何かメッセージを届けたい」と思い、ブログをスタート。

正直アフリエイトの仕組み知りませんでしたし、ほぼ日記みたいなことばかり書いてたようね…(笑)そんな私のブログに収益が発生したのが、確か昨年の3月頃。数100円でしたが、「雇われずしてお金を稼ぐ」という体験がなんとも言えない喜びでした!

そして同時に副業でトレーナー活動をすることを決意。自分で収益を作るという行為でしか得られない経験と喜びがあると思ったからです。

今の目標“海外で起業“すること

そして、今私が最もやりたいことは、海外で自分の事業をスタートアップさせること!理由は主に2つあります。

1つ目の理由は、この記事の冒頭から語っているように、「アナザースカイ」に出たいからです!(笑)人生一回しかないので、より海外を身近な環境で働いてみたいのです。多くの人は、こうアドバイスをくれます。

ワーキングホリデーや、海外事業部のある会社で働いた方が安定しているし、リスクも少ないのでは?

確かにおっしゃる通りです。ですが私の性格上、『一回やりたいと思ったことは、どうしてもやらないと気が済まない』わがままな性格なんです!

『成功するかどうか』よりも先に、『やってみたい』『どうすればできるか?』と考えてしまうんですよね…(ギャンブラー気質ではない)

話が逸れましたが、2つ目の理由ー「東南アジアは市場を選べばブルーオーシャン」だからです。毎日フィリピン人と英会話レッスンをやっているんですが、フィリピンもコロナ事情で大きく働き方が変わらざるを得ない状況に…

ボホール等でバギーに乗りました。

今後インターネット環境の拡充は無理やりにでも推し進められ、他の先進国を追いかける形でビジネスは進展します。「日本で今やっている仕組みや、アイデアを海外に持ち込めば、ゼロから作り出すより簡単。」そう考えてしまったのが最後で、試さずにいられ無いんです。(笑)

テレワークや働き方改革の流れもあり、今後海外に移住を考えたい、一時休暇でロングステイという需要は増える見込み。私はそんな現地で暮らす日本人の健康的な食生活をサポートする事業を起こしたいんです!

海外のコンビニに行くといつも思います。「ジャンキーな食べ物ばっか。そろそろ日本食、健康的な食事がしたい…」と。皆さん一度は感じたことありますよね?

そんな皆さんの不便をなくす仕事が出来れば最高だな。そう毎日頭で思い描いてはワクワクしているのです。

終わりに

正直、私の目標は達成できたところで、現時点で成功する可能性は1%未満。それでも、「やってみたい」「やりながら覚えたい」そう思うんです。人生1回切りなので、無一文を経験してみるのも話のネタになる!くらいの感覚で新しいことに飛び込んでいきたいと思います。

少し長くなりましたが、少しでも皆さんに共感していただけたら嬉しいです。それではまた👋

コメント