賞金100万の起業家コンペ“スタートアップウィークエンド“@グローバル最終日

副業・起業

こんにちは。
さあ、本日は前回に引き続き起業コンペ“スタートアップウィークエンド(通称SW)“最終日の模様を皆さんにシェア。

Kohey
Kohey

SWは、「起業の前にビジネスをスタートさせることを体験したい、ビジネスに興味がある方向け。オンラインでの54時間(3日間)で商品の企画から開発、顧客調査までやっちゃう全てのビジネス工程を体験できるイベント“です。

前回の記事はこちら⬇️

賞金100万円を懸けて“起業家の登竜門“スタートアップウィークエンド2日目
事業をイチから自分でやりたいけど、その勇気が出ない…。こんな方におすすめなのが、スタートアップウィークエンド。2日目の工程では、事業アイデアを実際にサービスとしてローンチし、お客さんの声を吸い上げるステップに入ります。深夜まで作業が続く激動の2日目!
本日のテーマ

スタートアップウィークエンド(オンライン)の最終日の様子をシェア。「3日間の集大成が、どのように評価されるのか?」は、全力で参加した人たちにとってドキドキの瞬間です。

最終日の流れ

最終日は、商品のローンチ、顧客の意見聞き取り、実際に営業をかけるなどして、その商品が市場でどれだけ必要とされているか?をアピールする情報集めに奔走しているチームが多かったです。

2日目の時点で、「うちの商品は〇〇に役立ちます」というMVP=顧客に価値提供できる最小限の機能をもった試作品まで仕上げていました…。(みんな夜中までやってたのかな?)

最終日午前中

我々のチームは、最終日の午前に前日に海外のウェブサイトでローンチしたサービスの意見を回収。
具体的には、「サービスの紹介内容と登録フォームを作り、そこにどれだけの登録が集まったか?」を検証することに。

ページを見られた回数でいうと2桁代中盤で、反応は5件ほど、登録は3件という結果に終わりました。7時間程度だったこともありますが、「そんなに甘くない」という現実をひしひしと感じました。

その他のチームも、実際にターゲットにするマーケットに電話やメールでサービスの提供を依頼したり、友人経由、会社経由で顧客と議論したりと活発に活動していました。

最終日午後

12:00〜16:30 プレゼン内容準備

夕方に行われるプレゼン(投資家に対して行う、起業案のアピール)を進める。
基本的な組み立てとしては、こんな感じ⬇️

プレゼンの流れ

・C(conclusion) その製品はどんな商品か?
・R(reason) 顧客に対し、どのように悩み解決に役立つか?
・E(example) 実際のアイデア、機能の説明。MVPの検証結果。
・C(conclusion) なぜその商品は必要か想起(根拠づけて)

後に発表をみて感じたのは、プレゼンは“一目でわかりやすい画像“ベースだと印象に残りやすい。もちろんアイデアありきではあるのですが、プレゼンの見せ方だけで投資家に「この市場には可能性があるのでは?」と思わせることも。

我々のチームも、米国のプレゼン例などを参考にいいところをパクりながら作成。
割といいプレゼンに仕上がったかな〜と思います。

実際のプレゼンページ

16:45〜 結果発表

最終発表を各チーム5分、質疑応答5分の計10分で審査をされます。
合計11チームの発表がありましたが、似通ったアイデアもれば、全く新しい発想のアイデアもり、非常に心躍る場面も。

残念ながら我々のアイデアは、こんな意見があり入賞にはなり得ませんでした。

  • ユーザーが求めているのは、メンターの部分では?(起業する人は、セルフコントロールをできる人が多い)
  • 収益を広告収入のみに頼るのは、ユーザー数ベースなので、サービスの中毒性に欠ける

そして賞を獲得したチームは、「バーチャルモータショーの開催」や「アフリカでの医薬品サービス」でした。

もちろん顧客からのフィードバックを得ていることが、評価される上で重要です。しかし、安直な収益獲得や、既存のサービスにあるものを真似しすぎると、“期待値“が減ってしまう。

結論をいうと、“投資家にささるアイデア“は、確実性だけでなく、“ワクワクする期待感“も重要だと感じました。

スタートアップウェークエンドで得られること

3日間で合計54時間のワークショップに参加して得られた3つのこと。

  1. 起業するまでのプロセスの経験
  2. レベルの高い参加者との繋がり形成と情報交換
  3. ビジネスに投資する側“投資家“の視点

こんな経験がたった3日間で学べます!
ぜひ、少しでもビジネスに興味があるという方は“スタートアップウィークエンド“に一度参加してみてはいかがでしょうか?

一生使える知識と経験が絶対に得られます!それではまた👋

Startup Weekend Japan
特定非営利活動法人 Startup Weekend

コメント